ネット銀行住宅ローン

ネット銀行の住宅ローンの特徴は何?

ネットバンク
金利が安く、諸費用もお得!

インターネット専用銀行は、その名の通り、通常の金融機関のように街中に店舗を持たず、ネットの窓口だけで対応している銀行です。

最大の特徴は、店舗を持たずにネットサービスに特化しているため、住宅ローン金利が非常に安くなっていることです。

たとえば、このサイトで紹介している「住信SBIネット銀行」では、固定金利も変動金利も、有名な都市銀行の金利より0.1%ほど安くなっています。

また、諸費用として大きくのしかかる団体信用生命保険料は無料となり、保険料は住信SBIネット銀行が保険会社に支払うので、非常に安心感が大きいです。

この他にも、繰り上げ返済にかかる手数料が無料になったり、通常では高額になる地震補償の保険料も無料になっています。

ネット銀行の場合、書類の提出などを専用ページで行なったり、FAXなどを利用したりするので、銀行の窓口にいく時間がなかなか取れない人は、夜でも手続きできる点が大好評です。

 

サポートが充実しているので、”ネットだけ”でも不安なし!
何かとお得なインターネット専用銀行ですが、それなりのデメリットもあります。

それは、実店舗のある金融機関と違って、担当者と直接会って説明を聞いたり、審査のアドバイスがもらえないということです。

しかし、こうした不安点は、お客様専用ページのコンテンツを充実させたり、電話でオペレーターからアドバイスがもらえるサポートセンターの利用で、解消されていると言えます。

ネット銀行の住宅ローンを利用するということは、自分でもある程度知識を身に付けながら、申し込み手続きの準備をすることでもあるので、そのプロセス自体が、住宅ローン審査が通らない理由を消去してゆき、マイホーム獲得につながることであるとも言えます。

住宅ローンランキング!【審査でお悩みの方に!2018年12月版】

サムネイル
  • 三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 保証料・収入印紙代は0円
  • 来店不要で時間の成約なし
  • がんと診断でローン残高が2分の1に
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • イオンでの買い物が毎日5%OFF
  • 疾病保障付き住宅ローンも容易
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 安定収入(年収100万円以上)あること
  • 連続就業6ヶ月・自営は開始3年以上
  • 一部繰上げ返済は50万円から
  • 団信保険料・8疾病保障が本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35独自の審査基準で借りやすいと評判
  • フラット35最安金利と低い手数料を達成
  • 諸費用の安さで総返済額を圧縮
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済は手数料無料・ネットで10万円から
  • フラット35は団信保険料が本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 固定も変動も低金利で人気
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • 保証料・一部繰り上げ返済手数料も0円
  • 安定かつ継続した収入が年収の基準
  • 3大メリットなどサービスが充実
  • コンビニATM手数料はランクに応じ月最大15回無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ネット銀行の住宅ローンがおすすめな理由は?【低金利で条件が良い!】記事一覧

フラット35よりもお得!?住宅をよりお得に手に入れ、そして、住宅ローンを組んだ後も損をすることなく、安心して支払うためには、金利が安くて、初期費用としてかかる諸費用が安く抑えられるフラット35を利用するのがベストでした。しかし、新生銀行で提供している住宅ローンサービス「パワースマート住宅ローン」は、フラット35以上のお得なサービス内容になっていて、大注目を浴びています。その最大の理由は、契約時にか...

ネット銀行だからできる、圧倒的な低金利!住宅ローンと言えば、実店舗がある都市銀行や地方銀行、信用金庫などに申し込むのが一般的でしたが、インターネット銀行が参入してきたことによって、利用者の選択肢は、一気に広がりました。ネット銀行の最大の特徴は、”金利が圧倒的に安いこと”で、変動金利なら1%を切るのが当たり前になっています。中でも、三井住友信託銀行の代理店である「住信SBIネット銀行」は、2014年...

生活密着型のサービスが豊富イオン銀行は、スーパーマーケットで有名なイオンのグループ会社です。変動金利も固定金利も、都市銀行よりかなり低く設定されており、住宅ローンを組む時に大きな負担になる保証会社の保証料が0円と、非常にうれしいサービスが用意されています。都市銀行などでは、借り入れ金額と返済期間にもよりますが、保証料が50万円以上もかかるのが普通なので、この費用を0にできるのは、大きなメリットと言...

金利変動を読むことは不可能?住宅ローンの審査には、さまざまな準備が必要ですが、誰もが必ず頭を悩ませるのが「金利」の問題です。住宅ローンの金利というものは、常に上がったり下がったり、変動しています。金利が一番底の時に「固定金利」でローンを組めば、総支払額が安くなって得になりますし、今よりさらに金利が下がると読んで、「変動金利」でローンを組み、思惑通りに金利が下がった場合も、同じく得になります。しかし...

意外にかかる諸費用住宅を購入する時というのは、住宅の費用や建築費以外にも、さまざまな費用「諸費用」が発生します。諸費用とは、すでに他ページで出てきた保証料や団体信用生命保険料のほかにも、下記のようなものがあります。(保証料と団体信用生命保険料)保証料は、連帯保証人や担保を立てる代わりに、金融会社などが保証人となる費用で、団体信用生命保険料というのは、住宅ローンの支払者が、ケガや病気などで収入を絶た...