住宅ローン審査金融機関

金融機関によって住宅ローン審査は変わる?

金融機関
金融機関によって大きく変わる特徴

住宅ローンは、銀行、信用金庫、ゆうちょ銀行など、さまざまな銀行で取り扱っています。

金利は各行でさまざまなプランを打ち出していますが、安い金利に飛びつかずに、複数の金融機関で住宅ローンの相談をして、徹底的に比較&検討しましょう!

一番利用者数が多いのは銀行ですが、都市銀行より地方銀行のほうが審査が緩い傾向にあります。

ただし、住宅ローン審査が通らない理由が分かりにくいという点では、両者とも同じです。

また、最近注目を浴びているのが、ネット専用銀行です。

このサイトでも紹介している「住信SBIネット銀行」などでは、一般の銀行のように実店舗がないため、申し込み書類の作成や相談などを、リアルの場でできないといったデメリットがありますが、その反面、金利が安いとか、申し込みから契約まで、インターネットやFAXを利用してできるので、かなり便利です。

実店舗を持つ銀行であれば、定期預金をしている銀行のほうが交渉が有利になると言われていますが、ネット専用銀行の場合は、こうした金融機関との「お付き合い」がなくても、一律のサービスを提供しています。

通常のローンか、フラット35か?
住宅ローンは、各金融機関が用意しているサービスに申し込むものと、「フラット35」という住宅支援機構が金融機関と提携して、金利を優遇したり、生命保険の加入義務をなくしたりと、申し込み者のバードルを下げているローンがあります。

フラット35は、購入する物件に適合基準が定められていますが、これをクリアーすれば上記以外にも様々なメリットを享受できるので、大変おススメなローンとなっています。

住宅ローンランキング!【審査でお悩みの方に!2018年12月版】

サムネイル
  • 三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 保証料・収入印紙代は0円
  • 来店不要で時間の成約なし
  • がんと診断でローン残高が2分の1に
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • イオンでの買い物が毎日5%OFF
  • 疾病保障付き住宅ローンも容易
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 安定収入(年収100万円以上)あること
  • 連続就業6ヶ月・自営は開始3年以上
  • 一部繰上げ返済は50万円から
  • 団信保険料・8疾病保障が本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35独自の審査基準で借りやすいと評判
  • フラット35最安金利と低い手数料を達成
  • 諸費用の安さで総返済額を圧縮
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済は手数料無料・ネットで10万円から
  • フラット35は団信保険料が本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 固定も変動も低金利で人気
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • 保証料・一部繰り上げ返済手数料も0円
  • 安定かつ継続した収入が年収の基準
  • 3大メリットなどサービスが充実
  • コンビニATM手数料はランクに応じ月最大15回無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み